Brother,mt.notcot.com,18166円,Oswald,ミュージック , ブルース・カントリー , ブルーグラス,/contents/airport_top.html Brother,mt.notcot.com,18166円,Oswald,ミュージック , ブルース・カントリー , ブルーグラス,/contents/airport_top.html 送料無料 激安 お買い得 キ゛フト Brother Oswald 送料無料 激安 お買い得 キ゛フト Brother Oswald 18166円 Brother Oswald ミュージック ブルース・カントリー ブルーグラス 18166円 Brother Oswald ミュージック ブルース・カントリー ブルーグラス

送料無料 激安 お買い得 キ゛フト Brother Oswald 定番

Brother Oswald

18166円

Brother Oswald

商品の説明

Amazonレビュー

It wasn't until this 1972 offering that Brother Oswald Kirby, Roy Acuff's first lieutenant in the Smoky Mountain Boys, recorded a solo album on the Dobro. With Tut Taylor, Norman Blake, and Charlie Collins (another Smoky Mountain Boy) in support, Os demonstrates an easygoing grace and pristine beauty in his Dobro work; speed is not an issue. "Sailing Along the Highway," an original he'd developed in the early '30s, is hypnotic in its gentle sway. On "Farewell Blues," he shows his command of the instrument and a full knowledge of its sonic capabilities. Also here are pop chestnuts; Hawaiian songs learned from a native islander, Rudy Waikiki, whom Os had met at Flint, Michigan, house parties while working for Buick in 1929; and, of course, a number of songs from the Acuff book. "Wabash Cannonball" becomes a mellow Dobro trio with Taylor and Blake, and "Tennessee Waltz," recorded by Acuff and Os years before it was a hit, is simply delightful as Oswald wisely lets the melody do all the work for him. --Marc Greilsamer

Brother Oswald

2021年11月11日現在 求人掲載数755

編集部イチオシ求人

エリア別 新着求人

パティシエントは
洋菓子、パン業界で働くすべての人の
働く学ぶを応援するサイトです。

パティシエ、販売スタッフ、パン職人のための求人情報の提供と、ニュースメディアとしての情報発信を行っています。
パティシエの仕事は子供の「なりたい職業」の上位に位置する人気の仕事ですが、一般的なイメージとは違い、実際のパティシエの仕事は重労働です。離職率も高く多くの店舗が人材採用、人材募集に悩んでいます。 しかもパティシエの求人情報は他の求人サイト等に載っている件数も少なく、掲載されている情報も十分とは言えないためお店の内情が伝わりにくく、就職前のイメージとのギャップによるミスマッチも起こりやすくなっているのが現状です。 そのためパティシエントでは洋菓子・パン業界に特化した求人サイトとして、より現場の雰囲気が伝わる情報を掲載しています。実際の労働時間、休日の数、スタッフの雰囲気など、洋菓子業界に特化しているから集められる豊富な情報量で、より良い就職先・転職先との出会いをサポートします。

またインターネット上にはパティシエに向けた有益な情報が少なく、「もっと学びたい」「もっとスキルアップしたい」と思ったときに学べる場所がほとんどありません。
そこでパティシエントではパティシエのための求人・転職情報だけでなく、読み物コンテンツも豊富に掲載しています。
多くの人がパティシエとして働きたいと思ったきっかけは「ケーキが好きだから」「自分がつくったケーキを食べて喜んでもらえたことが嬉しかったから」などではないでしょうか。

パティシエントの求人情報に掲載されているオーナーの想いや読み物コンテンツなどで様々な価値観に触れることでパティシエとして働こうと思ったきっかけを思いだして、より活き活きと働いてもらいたいと考えています。
近年人材不足が目立つ洋菓子業界ですが、多くの店舗のオーナーが「パティシエとして長く働いてもらいたい」と考え、求人募集の条件を工夫したり、そのための制度を整えはじめています。ただ自分が働く店舗を探すときには好条件だからと決めるのではなく、その店の考え方や、将来の自分の目標にとって良い経験を積むことができるかどうかなど、しっかり考えて選んでください。