ジャン=リュック 定価 ゴダール+ジガ ヴェルトフ集団 初回限定生産 DVD-BOX mt.notcot.com,2956円,DVD-BOX,DVD , 外国映画 , ドラマ,ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団,(初回限定生産),/lapidate1825620.html 2956円 ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団 DVD-BOX (初回限定生産) DVD 外国映画 ドラマ mt.notcot.com,2956円,DVD-BOX,DVD , 外国映画 , ドラマ,ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団,(初回限定生産),/lapidate1825620.html ジャン=リュック 定価 ゴダール+ジガ ヴェルトフ集団 初回限定生産 DVD-BOX 2956円 ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団 DVD-BOX (初回限定生産) DVD 外国映画 ドラマ

ジャン=リュック 定価 割り引き ゴダール+ジガ ヴェルトフ集団 初回限定生産 DVD-BOX

ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団 DVD-BOX (初回限定生産)

2956円

ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団 DVD-BOX (初回限定生産)

商品の説明

内容紹介

さらば“映画”よ。これから“政治”の時代を始める。

ゴダール、政治の時代、商業映画との絶縁。“純粋なる映画運動”の先に見えたものとは?

ジガ・ヴェルトフ集団期、日本初リリースとなる幻の3タイトルを含む6作品
完全HDマスター化。JLGファン待望のDVD-BOX 発売!
【6枚+特典1枚組=7枚組】


【収録作品】

1.ウイークエンド WEEK-END 1967年 フランス=イタリア 104min.
混沌と混乱が渦巻くショッキングな映像マジック
都会の生活から抜け出したひと組のカップルを待ち受ける狂気と悪夢の週末(ウィーク)旅行(エンド)。

収録特典:パトリス・ルコント(映画監督)インタビュー / クロード・ミレール(監督)インタビュー

2.東風 VENT D’EST 1969年 フランス・西ドイツ・イタリア 93min.
五月革命の影響下で制作された実験的一作。映像(イメージ)と音(サウンド)を氾濫させた「西部劇」。最も美しい闘争映画。

3.万事快調 TOUT VA BIEN 1972年 フランス=イタリア 96min.
「映画を作ろう!」、映画を壊すために・・・
人の生活、生産と消費、そしてマスメディアの支配、ゴダール流風刺喜劇。

収録特典:アルマン・マルコ(撮影監督)インタビュー / アントワーヌ・ド・べック(映画批評家)インタビュー

4.ありきたりの映画(あたりまえの映画) UN FILM COMME LES AUTRES 1968年フランス 107min.
【初ソフト化】
大学を占拠する学生、機動隊と衝突する民衆…。
イーストマンコダック16mmフィルムに「五月革命」を焼き付けた記念すべきジガ・ヴェルトフ集団第一回作品!

5.たのしい知識(楽しい科学) LE GAI SAVOIR 1969年 フランス 95min.
【初ソフト化】
闘争と言葉遊び。革命を目指す若者たちが語る思想、テレビ、映画、そして光。
プロットを排除し、ストイックに映像言語を探索した野心作。

ナレーション:ジャン=リュック・ゴダール

6.ウラジミールとローザ VLADUNUR ET ROSA 1970年 フランス・ドイツ作品 106min.
【初ソフト化】
ゴダールの辛辣なるアメリカ批判
ヴェトナム戦争時の徹底的反米姿勢をあらわにした問題作。


【特典ディスク】
“CONVERSATIONS AVEC JLG” ~JLGとの会話

【封入特典】
オリジナルブックレット44p:黒沢清氏、菊池成孔氏、堀潤之氏による作品解説収録

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジャン=リュック・ゴダール監督作のBOX。『ウイークエンド』『東風』『万事快調』にジガ・ヴェルトフ集団期の3作品を加えた全6作品を収録。オリジナルブックレット、特典ディスク「“CONVERSATIONS AVEC JLG”~JLGとの会話」を封入した7枚組。

ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団 DVD-BOX (初回限定生産)

日本語俗語辞書は俗語(若者言葉・新語・死語・流行語)の意味・関連語を解説した辞書サイトです。
俗語辞書内検索

日本語俗語辞書

Since:2005/9/1
最終更新:2018/12/4
掲載語数:2,425語

日本語俗語辞書とは

日本語俗語辞書は俗語・新語・流行語・死語・特定分野で使用されている隠語などの意味を辞書形式で解説し、さらに辞典形式で細かく解説している辞書サイトです。
よく「最近の若者の言葉(主に新語・流行語)がわからん」という中高年の声や「親父やお袋が面白そうに使ってる言葉(主に死語)の意味がわかんない」という若者の声を耳にします。それらを知らなくても生活に支障をきたすことはないでしょう。しかし、それらを知ることで世代を超えた人との会話にも幅ができ、一歩踏み込んだ交流が世界を広げるはずです。日本語俗語辞書がそんな会話をするためのひとつのツールとしてみなさんのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

Pick Up俗語!

メディア掲載情報&お知らせ