5236円 印傳屋 印伝 小銭入G 黒地×黒漆 変わり市松小柄 1208-01-167 シューズ&バッグ バッグ・スーツケース メンズバッグ・財布 印傳屋 印伝 小銭入G 変わり市松小柄 1208-01-167 送料無料カード決済可能 黒地×黒漆 小銭入G,印傳屋,mt.notcot.com,/sightsee/sightsee_area/wada/,黒地×黒漆,5236円,シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , メンズバッグ・財布,印伝,変わり市松小柄,1208-01-167 印傳屋 印伝 小銭入G 変わり市松小柄 1208-01-167 送料無料カード決済可能 黒地×黒漆 5236円 印傳屋 印伝 小銭入G 黒地×黒漆 変わり市松小柄 1208-01-167 シューズ&バッグ バッグ・スーツケース メンズバッグ・財布 小銭入G,印傳屋,mt.notcot.com,/sightsee/sightsee_area/wada/,黒地×黒漆,5236円,シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , メンズバッグ・財布,印伝,変わり市松小柄,1208-01-167

毎日続々入荷 印傳屋 印伝 小銭入G 変わり市松小柄 1208-01-167 送料無料カード決済可能 黒地×黒漆

印傳屋 印伝 小銭入G 黒地×黒漆 変わり市松小柄 1208-01-167

5236円

印傳屋 印伝 小銭入G 黒地×黒漆 変わり市松小柄 1208-01-167


商品の説明

INDEN-YA 印傳屋 小銭入 黒×黒 変わり市松小

INDEN-1208-01-167

二つ折りにしたお札やカード等も入れられる印傳屋上原勇七製の小銭入れ

小銭入れがボックス型で取り出しやすく二つ折りにしたお札やカード等も入る、パンツのポケット等にも入れやすいサイズの小銭入れです。

ucolor_dsc







ボタン式の小銭入れは、小銭の出し入れがしやすいボックス型です。







機能性をシンプルにしている為、1.5cmとかなり薄い作りになっています。

二つ折りにしたお札を数枚程度入れられるポケットが付いています。

背面側にカードが一枚スッポリ収納出来る薄めのポケットが付いています。

背面も漆で柄付けをしてあります。

【商品に関する注意事項(必ずご確認ください)】

  • 商品は野生の鹿革を使用している為、表面に角(ツノ)キズなどがある場合がございます。このキズは「角ズレ」といい、自然の模様であり天然であることの証となります。
  • 閲覧されているディスプレイ等の環境により、商品写真の色味が実際のものと若干異なる場合がございます。
  • 漆は強い膜面と接着力を持っていますが、強く折り曲げたり硬い物でひっかけたりすると割れたりはがれたりする事があります。
  • 印伝で使っております鹿革はご使用いただくうちに起毛してまいりますが、新品時でも箱の内側と擦れる事でカドなどのあたりやすい所が軽く起毛する事があります。
  • 商品は箱に入れた状態で保管をしておりますので革製品独特の匂いが強い場合がございますが、ご使用いただく内に弱まってまいります。
  • カード入れはキツめのサイズで製作しております。ご使用いただいているうちに出し入れがしやすくなりますのでご安心ください。
  • 濡れた場合はこすらずに乾いた布で軽くたたいて水分を取り、形を整えてから陰干ししてください。
  • 印伝は色止め加工はしておりませんので、雨や汗などで濡れた場合は色移りしない様に乾かしてからお使いください。
  • 雨や水に濡れた事により風合いが変化する場合があります。また、長時間日光に当たると色あせすることがあります。
  • ベンジン、クリーナー、ワックスでの汚れ落しやツヤ出しはなさらないでください。
  • 商品使用後の修理依頼は、商品に同封されている責任票記載のフリーダイヤル(印傳屋商品相談係)へご連絡ください。
  • 手作業で作られた商品の為、同じ色柄の商品を一緒に購入した場合、製造時期により革や漆の色味、柄の位置などが違う場合がございます。
  • 新品時、紺地は地革の紺色の部分が黒色に、紫地は濃茶色に見える場合があります。製品はご使用いただくうちに擦れ等で起毛してまいりますと、地革の色が徐々に明るい紺色、紫色に変化してまいります。
  • 漆は完全に乾燥させておりますが、体質によりごく稀にかぶれが生じることがあります。その場合は印伝製品をお使いになるのをお辞め頂きの上、医師にご相談ください。
  • 製造時期により内張や留め具等の細かい仕様が異なる場合がございます。

印傳屋 印伝 小銭入G 黒地×黒漆 変わり市松小柄 1208-01-167

  • 第108回総会
  • 第64回大会(JDDW)
  • 機関誌
  • ガイドライン
  • 健康情報誌消化器のひろば